TAVARAT

商品カテゴリ一覧 > その他

  •  
本革扇子ケース


姫路産サドルレザーを使用した本革製の扇子ケース。扇子ケースは和風なものがほとんどですが、本製品は丈夫なフルベジタブルタンニンレザーを使用して作り上げた本革製品。 扇子を格好よく、センス良く持ち歩きたい、鞄の中で壊れないよう保護したい、そんな要望に応えるべく作り上げました。


しっかり収納

使い始めは少しきつく感じられるかもしれませんが、徐々に馴染んでスムーズに収納出来るようになります。

老舗工場の技術がみえる真鍮タグ

この扇子ケースは大阪の老舗金属加工会社。宇内金属工業と共に作り上げました。真鍮の板はバレル研磨と呼ばれる手法で丁寧にバリ(角)を取り、クリア塗装をかけてひとつひとつ手作業にて取り付けます。バレル研磨によるアンティークな雰囲気が本革と馴染む良い風合いになっています。
優しく保護してくれる裏地

裏地にはマイクロスエードと呼ばれるポリエステルを起毛させた素材を使用しています。表地の本革と相性も良く、見た目に高級感を高め、かつ柔らかい起毛で扇子を優しく保護してくれます。
革と同色のステッチ

革と色をそろえた糸を使う事により、ステッチが目立つこともなくスッキリとした仕上がりになっています。
丁寧に仕上げられたコバ

革の断面の色を活かした仕上げになっています。コバ処理剤を用いて磨き上げる事により、毛羽立ちを抑え綺麗なつやがでています。
革の質感

本製品は植物タンニンのみでなめされた本革を使用しております。また、染料染を行っているので、顔料染めの均一な表情とは違った、革が元々持っているシワ・トラ・血筋など自然な風合いを活かした仕上げになっています。

ピット槽によるタンニンなめし

古来より皮を保存するために行われてきた製法で、ピットと呼ばれるプール槽にて植物タンニンを革に浸透させ、皮(原皮)から革へ変化させる行程です。ピットなめしの革は皮の繊維をほぐさず、原皮をあまり動かさずにじっくりと時間をかけてタンニンを浸透させていくため、堅牢で型崩れしにくい特徴を持ち、その製法の中でも特に時間をかけてタンニンとオイルを浸透させたサドルレザー(多脂革)は、より丈夫でハリとコシが強い革に仕上がっています。ピットを持つ工場は非常に少なくなり、希少な革ともなります。 この行程にてしっかりと革に含ませたオイルを「グレージング」呼ばれる工程で、手作業にてひとつひとつ艶だしをしてゆきます。

商品詳細

ブラックダークブラウンキャメルネイビーレッド収納真鍮タグ裏地ステッチコバ革の質感商品詳細
ブラック
拡大 Prev Next

表地 本革(姫路産サドルレザー)
金具 金具:真鍮(バレル研磨)
サイズ 約4.7×24.5×2.3cm(7.5寸の扇子が収まるサイズです)
重さ 約30g
原産国 日本

好評につき追加生産決定!【予約販売】扇子ケース 姫路産レザー 本革 Tps-060

予約商品

商品番号 Tps-060

予約販売価格3,980円(税込)

[199ポイント進呈 ]

【予約受付期間:1月7日10時0分3月10日0時0分

カラー  
ブラック
ダークブラウン
キャメル
ネイビー
レッド
数量

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く