{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様ご来店ありがとうございます
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント




■革製品の手入れにつきまして
乾いた柔らかい布や、革用のブラシでゴミやほこりを払い落とします。その後、布の綺麗な部分で全体を乾拭きしてください。(布は化学繊維のものではなく、綿100%の表面が滑らかなものをご使用下さい。また、ベンジンやシンナーのご使用は絶対におやめ下さい。)



普段のお手入れは上記で十分ですが、表面が乾燥してきたら、固形状のオイル(ラナパーやミンクオイルなど)や革用クリームを塗り、定期的にメンテナンスを行ってください。
(革表面に色付けしている染料との相性がありますので、ご使用前に目立たないところでシミや変色が出ないかお試しください。その他、クリームの注意書きをご覧ください。)

■水にぬれた場合
本革は水に弱い素材です。雨や汗でぬれた場合は、そのままにしておくとシミや劣化の原因になります。ぬれた場合はできるだけすぐに濡れた部分を柔らかく乾いた布でふき取り、日陰で自然にゆっくりと湿気を抜きます。ドライヤーなどで急速に乾かすと変形の原因となりますので必ずゆっくりと自然乾燥させて下さい。

ラナパーの使用方法など詳しくはこちらをご覧下さい。

1件中 1-1件表示
1件中 1-1件表示