{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様ご来店ありがとうございます
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

※ただ今、名入れ刻印のご注文が大変込み合っており、ご注文を頂いてから5〜7営業日程度お時間を頂戴する場合がございます。 また、大量のご注文の場合は、納期を当店までご相談ください。

ブラック
ブラック
ブラック
ダークブラウン
ダークブラウン
ブラック使用イメージ
ダークブラウン
革の質感
バックル
サイズ
専用箱
ご確認下さい
ラッピングサービス

日本製 カーフレザー ビジネスベルト Tps-015

商品番号 Tps-015
¥ 16,500 税込
[ 825 ポイント進呈 ]
カラー
  • ブラック
    ブラック 在庫切れ
  • ダークブラウン
    ダークブラウン 在庫切れ
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
表地 本革(ドイツワインハイム社製カーフレザー)
裏地 本革(ヌメ革)
金具 亜鉛合金(サテンゴールド)
サイズ 全長約113cm×幅3cm(最適サイズ98cm 最短93cm 最長103cm ※フリー金具によりサイズ調整が可能)
重さ 約123g
原産国 日本






■ワインハイム社製カーフレザー

ドイツの最高級ボックスカーフメーカーでもあったカールフロイデンベルグ社の技術と伝統を引き継いだワインハイム社により製造されたカーフレザー。牛革のなかでも最高級であるカーフ(生後3~6ヶ月の仔牛)は薄くて柔らかく、肌理(キメ)の細かい革となります。そのカーフをクロムでなめすことで、柔らかさを保ちつつ表面は堅牢で傷がつきにくいといった特徴のレザーに仕上がっております。

■ドレスベルト

ビジネスシーンには欠かすことのできないドレスベルト。特にスーツ姿においてはベルトのフォルムは相手に与える印象を大きく変えてくれます。カーフレザーの肌理の細かさや傷の少なさは、本革の質感を保ちつつ着用する者に洗練されたイメージを与え、見る者に強いインパクトを残してくれることでしょう。ベルト幅は30mmとし、ドレッシーな印象に仕上げております。

■サテーナ加工を施した2種類のバックル

本革ベルトにおいて革の質以外に最も重要な部分、それがバックルです。スーツにベルトを着用した際、真っ先に目に付く部分でもあるバックルにはゴールドとシルバー(それぞれニッケルメッキ)の2色を用意しております。王道のシルバーは申し分なくスーツにぴったりでございますが、淡い色合いのゴールドも非常に高級感があり、なおかつ派手にはなりませんのでこれもスーツに良く映えます。

派手にならない理由は金具のメッキに施されたサテーナ加工(艶消し)。表面に細かな線状の凹凸をいれることでシルバーはもちろんゴールドをも落ちついた印象に変えております。

■made in japan

本製品は日本の工場にて1本1本丁寧に仕上げられております。剣先の細部にまで施された丁寧なステッチは日本の職人ならではの技術力が詰まっています。

■裏地にはヌメ革を使用

ベルトの表地にはドイツ製のカーフレザーを使用し、裏地には日本製のヌメ革を使用しています。植物タンニンでなめされた素上げのヌメ革は、本革の良さを一番に感じることができる素材です。特徴としては強度の強さが挙げられます。デメリットとしては表面加工をしていないために傷のつきやすさが挙げられますが、ベルトの裏側は生地と擦れ合う部分で本来傷が避けられない場所でもあります。細かな傷よりも、長年使えるという耐久性を本製品では重視しております。
ヌメ革は最初は繊維が絡まりあって固い印象となりますが、使用とともに徐々に繊維質がほぐされて柔らかくなってゆきます。色の変化も特徴的です。上記写真の右側が最初の状態ですが、左側は約1週間日光で日焼けをさした状態です。このように、日の光や革に染み込んでいる油分などによって、徐々に色が変化してゆき、飴色のようになっていきます。これは製品の特徴とご理解頂き、使用とともに変化する本革の魅力を堪能下さい。

■革製品の手入れにつきまして

・乾いた柔らかい布や、革用のブラシでゴミやほこりを払い落とします。その後、布の綺麗な部分で全体を乾拭きしてください。(布は化学繊維のものではなく、綿100%の表面が滑らかなものをご使用下さい。また、ベンジンやシンナーのご使用は絶対におやめ下さい。)
・普段のお手入れは上記で十分ですが、表面が乾燥してきたら、固形状のオイル(ミンクオイルなど)や革用クリームを塗り、定期的にメンテナンスを行ってください。 (革表面に色付けしている染料との相性がありますので、ご使用前に目立たないところでシミや変色が出ないかお試しください。その他、クリームの注意書きをご覧ください。)

■水にぬれた場合

本革は水に弱い素材です。雨や汗でぬれた場合は、そのままにしておくとシミや劣化の原因になります。ぬれた場合はできるだけすぐに濡れた部分を柔らかく乾いた布でふき取り、日陰で自然にゆっくりと湿気を抜きます。ドライヤーなどで急速に乾かすと変形の原因となりますので必ずゆっくりと自然乾燥させて下さい。





※本製品は革本来の特徴を活かして製法のため防傷処理等は行っておりません。動物の、生前のバラキズ、シワ、血筋などがございますが、天然皮革の醍醐味としてお楽しみ下さい。
※天然皮革では、季節や使用部位、生産ロットによって色の濃度の違いが出てまいります。ご了承のうえ、お買い求め願います。
※お客様のお使いのPCモニター・スマートフォンにより、実物と実際の色に若干の違いが出る場合がございます。